2015年11月18日

車査定と下取りを比べて考えた場合、下取り…

ブログ投稿のためのブログ投稿になっている気がしないでもないですが、まあ続けましょう。

注文した猫タワーが届きました。でもなかなかなじんでくれない。結構高かったのに。

どこの猫もそうかもしれませんが、ウチの猫、突然狂ったように走り回って騒ぐ時があります。ストレス解消なのでしょうか。2匹いるのですが、波長?があったときなどお互いに追いかけっこで大騒ぎです。

ところでパソコンモニターのフレームにメモをやたらに貼っている人がいますが、どんなもんでしょうか。自分的には違和感がありほとんどやりません。

あらゆるジャンルを視野に入れたネタ紹介のブログです。がんばりますが途切れる日があったら都合があるのかなとお察しください。

なんとか長く続けて行きたいので投稿を習慣づけながらコツコツやりましょう。

今日はいつもと違いニュース、話題ではなく、頼まれてここ何日かネットで検索している損をしなくて済むような話0を書いてみたいと思います。

車査定と下取りを比べて考えた場合、下取りの方がお得なのかと感じている方もいらっしゃると思います。

確かに、下取りにすると今までの愛車を使い新車を値引きしてもらう事ができますし、買取と購入の手続きが一回でまとめて行うことができるので簡単です。

しかし、単純に売上価格のみを考えると、車査定の方が高額になります。

車下取ではトラブルが起きることも多く、ネット査定と実車査定の取引価格が極端に相違が発生するというのは既に常識でしょう。

買い取って貰えることになった後に事実とは異なる理由をつけて返済料金が足らない場合は法律制度により免除される事も珍しくないです。

車を差し上げたのにお金の振込に失敗するケースもあります。

他社とは違う繊細な査定を謳う悪徳車買取業者には注意しましょう。

車取引ではトラブルになることも多く、ネット査定と実車査定の価格に大きな差が出るというのはもはやよく知られていることでしょう。

車の買取後に何かしら理由を言って減額されることもあるのです。

車を渡したというのにお金が支払われないこともあります。

高額査定を売り物にする悪徳車買取業者には気を付けましょう。


できるだけ途切れないように続けていきましょう。

ではまたお会いしましょう。


posted by あちこち at 17:23| 日記